住宅ローン金利変動リスクとは?

住宅ローン金利の変動金利のリスクは、もちろん金利が上昇することです。住宅ローン金利変動金利の上昇は半年に一回ですが、実際に返済額が変わるのは5年に一回です。返済額が上がるのは元の返済額の1.25倍ですので急に返済額が上がることはありません。住宅ローン金利の動向をしっかりと調べておく必要があるのです。但し、返済額が1.25倍まででも半年に1回変わる金利は適用され続けますので、それ以上に上がった部分の返済が免除される訳ではありません。金利が急上昇した場合の払いきれなかった利息に付いてはそのあとの返済で支払うことになります。現在の低金利が急上昇してずっと下がらなかった場合は、最初に予定した通常の返済期間ですべて返済しきれないということもあり得ないことではありません。住宅ローン金利が上昇を続けるといわれている現在正直言っていつ変動金利から借り換えをするのかが一番大事な問題になるのかもしれません。

住宅ローン金利動向予想!今後の金利推移は?【2017年3月最新】
住宅ローン金利変動リスクを回避するためには今後の動向をしっかりと把握しておくことが必要になってきます。経済の状況や経済政策などもかかわってくる金利動向をしっかりと把握し正しい住宅ローン選びをしたい方必見のサイトではないでしょうか。